無料ブログはココログ

« 東海自然歩道 その② | トップページ | 夢のコラボ »

2014年5月10日 (土)

東海自然歩道 その③

夜間走行の準備をし、大山に向けて出発。
ひたすらロードの上りだ。
日が沈んで涼しくなっているのに、まだまだ汗びっしょりだ。
数キロ進んでは小休憩というパターとなる。途中二度ほど、仰向けになる。星がきれいだ。
山頂近くに差し掛かったとき、妻からの応援コールがあった。まだまだ弱気になる時間じゃなかったが、やっぱりうれしく、少し気も楽になった。

Ca3i0324  Ca3i0325

20:31、大山に登頂。
ここは非常に展望がよく、静岡市内の夜景がとてもきれいだった。
ここから先は少し急な下りとなる。暗いので気をつけて慎重に行こう。
水見色峠から尾根道を外れ、谷沢の集落に向かって下る。
谷沢の集落から広い道路をしばらく下っていく。暗いながらもなんだか見慣れた風景?橋を渡るとこで確信に変わった。「玉川トレイルレースのコースだ」 後半の難所の導入部分だ。ということはこれからあの上りを行くのか?とかなり不安になる。ホテル鈴桃の横を通り、トレイルに入っていく。まだまだ余裕はあるが無理しないようゆっくり行く。レースの時ほどきつくは感じなく、油山峠に出る。ここからレースのコースと別れ、油山温泉街へと下る。この下りが倒木や道が荒れてて苦労した。

油山温泉に着いたのは23時ごろだった。空き地でちょっと休憩してからスタート。
安倍川が近づき住宅街を通る。自動販売機を見つけたので、そこで補給休憩。
アルファ米の五目飯に水を入れ、今後の食事に備える。

Ca3i0326

23:44、安倍川を渡る。次は今回の最高峰、竜爪の文珠岳1041Mだ。牛妻の集落から茶畑に続く農道を上る。登山道入り口まで一気に行き、そこで休憩。
ちょっとスピードを上げたのでかなりしんどい。少し横になるがなかなか脈拍が下がらない。
あまり休んでも寒くなるので、重い腰を上げる。
ここからの登山道は、少し行っては休み、少し行っては休むの連続になる。数百メートル進むのがとてもしんどくなる。
それでも無事に山頂に到着。

Ca3i0327  Ca3i0328

4日2:23、文珠岳に登頂。まだまだ笑顔が見える。
ここは清水市街地の展望が望める。目的地はあそこだが、あと何時間かかるのだろう?
ここでアルファ米を食べ、ベンチで少し横になりうとうとする。10分ぐらい寝たかもしれない。

ここから薬師岳(1051M、こっちの方が高かったね)、穂積神社と行く。穂積神社から東海自然歩道とはお別れだ。後半はともかく、前半は舗装道路ばかりで自然歩道とは程遠い内容だったが、いろんなコースをたどって遠くまで行けるのはなかなか楽しいものだ。他にもバイパスコースとかもあるので、静岡県内だけでもいずれ制覇したいものだ。

穂積神社からトレイルに入り、静岡と清水の境の尾根に出る。そこからひたすら南下。次の目標は高山だ。
高山に行く途中、展望が開け富士山が見事に見える場所があった。もうすぐ朝日が当たり、色づく富士を撮ろうとカメラをセットする人たちがいた。

高山には5時前には着いた。しばらく休み、先に進もうと思ったがなかなか道が見つからない。鉄塔の下に道があったのだが、あっちこっち探して少しロスをしてしまう。その間にすっかり日が昇っていた。
ここからのトレイルはしっかり整備されていて、元気なら気持ちよく走れるところだ。でも疲労も眠気もピークで、下りで小走りするのがやっとである。

市街地も近づき、農道も交わるようなとこまで下ってきたので、多くの人とすれ違うことになる。朝一でみんな元気いっぱいの表情なのがうらやましい。この頃にはほとんど走れなくなっていた。

Ca3i0329

6:39、一本松公園まで来る。
子供の頃にはなかったとこだが、清水に来るたび気になってたとこだ。見晴らしがよく、気持ちのいいとこだ。
この公園の脇から市街地に下ることにした。
最後の下り、ペースアップと行きたいとこだったが、ぼちぼち下るのがやっとだった。

市街地に出てからはなんだか走る気もしなくなってしまい、ただただ歩くだけ。

Ca3i0330

天気もよく、朝から富士山がきれいだ。

Ca3i0331

今回はゲルフジトレーナー、最後までしっかり足を守ってくれました。

Ca3i0332

7:51、23時間51分で実家に到着。よくやりました。
こんな一人旅は久しぶりだったので、非常に楽しい思い出になりました。

このあと4時間寝て、家族と合流。海岸でサスケと走ったり、公園で小僧とサッカーやったりとなかなかハードでした。





« 東海自然歩道 その② | トップページ | 夢のコラボ »

その他」カテゴリの記事

ヤマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1445802/56144431

この記事へのトラックバック一覧です: 東海自然歩道 その③:

« 東海自然歩道 その② | トップページ | 夢のコラボ »