無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年5月

2014年5月25日 (日)

くたくたな日曜日

今朝も5時過ぎに起床、5時半にはサスケと散歩に出かける。
最近はやたら走り回ることはせず、のんびり歩く周ることが多くなった。
でも1時間半以上にもなるとやっぱりちょっと疲れるものだ。

朝食後しばらくしてから小僧と自転車で出かける。
近くのマイホームセンターでイベントがあったので行ってみたが、まだ10時前で何もやっていなかった。
なので次の目的地、「まめや」さんに向かう。この辺では有名な自家焙煎のコーヒー豆屋だ。
家から5キロぐらいの道のりだが、坂あり谷ありトンネルありで、自転車を押していったり、途中で休憩したりで、1時間近くかかって無事に到着しました。

コーヒー豆を購入後、来た道を戻りマイホームセンターに立ち寄る。
ふわふあであそび、チョコバナナを作って食べ、プラバンのキーホルダーを作り、ビーズでクワガタを作りと無料で結構遊び倒した。

帰宅後しばらく休憩して、今度はサスケを連れ、獅子ヶ鼻公園に行く。

Ca3i0357  Ca3i0360

ここにはちょっとしたアスレチックがあり、園児の小僧でも充分楽しめるものだった。

Ca3i0361

アスレチックの最後ははしごに登って鐘を鳴らして終了だ。

その後、山の中を探検。

Ca3i0363  Ca3i0364

山の中には大きな岩があちこちに点在していた。
石仏があったり、岩を削ったような跡があり、修験場みたいなとこだったのかもしれない。
小僧は「冒険、冒険」と予想以上に喜んで山を上り下りした。

Ca3i0368

これがメインの獅子ヶ鼻岩だ。岩が獅子の頭の形に見えるかな?

実際にこの岩の上はとても見晴らしがよく、街から近い里山には見えない風景だ。

Ca3i0371  Ca3i0372

サスケはちょっとびびってます。

Ca3i0374

最後に吊り橋を渡って、駐車場まで上りきって冒険は終了。
数時間だったけど、なかなか充実した時間でした。
サスケは思うように走り回れなくて、ちょっと不満だったかな?
また今度はドッグランにでも行こうな。

2014年5月24日 (土)

最近のサスケ

最近、サスケねたが少ないかな?
たいした出来事はないが、とにかくよく吠える犬になりました。
近所の無駄吠えナンバー1か?近所の皆様ごめんなさい。

Ca3i0335

先週末のサスケとの散歩。よく走ります。

Ca3i0336  Ca3i0338

よく転がります。

Ca3i0339  Ca3i0341

サッカー大好き?ハートマークも健在だ。

Ca3i0342  Ca3i0343  

Ca3i0345

どろんこ遊び大好き。でも帰ってからのシャワーは大嫌い。

Ca3i0350  Ca3i0356

庭の木々草花が色づきました。サスケはかくれんぼ中。

夢のコラボ

近頃見た夢。

何かの書類に保証人のサインと印を押す欄があり、何故かそこには「佐村河内守」のサインと、謎めいた印が押されていた。書類を審査する人がそれを見て、「さ・む・ら・こ・う・ち・・・・かぁ~」とサインの上にいたずら書きをされてしまった。それに対し俺は「かなり遠縁で、事件が起こる前に書いてもらったんだけど・・・」と言い訳?していた。ただそれだけなんだけど・・・

何故か福山雅治と数人で飲み会してた。俺が「妻がファンでいつも車の中でラジオ聴いてます」といい、ラジオネタをいくつか話すと「ふぁふぁふぁふぁふぁ~」いつもの笑いが聞け、こちらも気分がいい。それから「先日のライブでなんかやらかした客がいたでしょ。あれうちの嫁なんです、すみません」となんだか謝っていた。実際に先日、妻はライブに行ったけど、何もやらかさなかったんだけど・・・

なんだかサッカーのゲーム中だ。俺は赤いユニホームを着てベンチに座っている。俺は香川?どうやらマンUのベンチだ。攻めても攻めても点が取れない。そのうち簡単に失点をして敗戦濃厚。そしてエースが交代でベンチに戻ってくる。「これじゃいつもと同じじゃないか、こんなんじゃいつまでたっても勝てない」という内容をまくし立てベンチ前を通り過ぎていく。ん?ルーニーじゃないぞ、メッシだ。でもバルサじゃないよなぁ、マンUだよなぁ・・・

2014年5月10日 (土)

東海自然歩道 その③

夜間走行の準備をし、大山に向けて出発。
ひたすらロードの上りだ。
日が沈んで涼しくなっているのに、まだまだ汗びっしょりだ。
数キロ進んでは小休憩というパターとなる。途中二度ほど、仰向けになる。星がきれいだ。
山頂近くに差し掛かったとき、妻からの応援コールがあった。まだまだ弱気になる時間じゃなかったが、やっぱりうれしく、少し気も楽になった。

Ca3i0324  Ca3i0325

20:31、大山に登頂。
ここは非常に展望がよく、静岡市内の夜景がとてもきれいだった。
ここから先は少し急な下りとなる。暗いので気をつけて慎重に行こう。
水見色峠から尾根道を外れ、谷沢の集落に向かって下る。
谷沢の集落から広い道路をしばらく下っていく。暗いながらもなんだか見慣れた風景?橋を渡るとこで確信に変わった。「玉川トレイルレースのコースだ」 後半の難所の導入部分だ。ということはこれからあの上りを行くのか?とかなり不安になる。ホテル鈴桃の横を通り、トレイルに入っていく。まだまだ余裕はあるが無理しないようゆっくり行く。レースの時ほどきつくは感じなく、油山峠に出る。ここからレースのコースと別れ、油山温泉街へと下る。この下りが倒木や道が荒れてて苦労した。

油山温泉に着いたのは23時ごろだった。空き地でちょっと休憩してからスタート。
安倍川が近づき住宅街を通る。自動販売機を見つけたので、そこで補給休憩。
アルファ米の五目飯に水を入れ、今後の食事に備える。

Ca3i0326

23:44、安倍川を渡る。次は今回の最高峰、竜爪の文珠岳1041Mだ。牛妻の集落から茶畑に続く農道を上る。登山道入り口まで一気に行き、そこで休憩。
ちょっとスピードを上げたのでかなりしんどい。少し横になるがなかなか脈拍が下がらない。
あまり休んでも寒くなるので、重い腰を上げる。
ここからの登山道は、少し行っては休み、少し行っては休むの連続になる。数百メートル進むのがとてもしんどくなる。
それでも無事に山頂に到着。

Ca3i0327  Ca3i0328

4日2:23、文珠岳に登頂。まだまだ笑顔が見える。
ここは清水市街地の展望が望める。目的地はあそこだが、あと何時間かかるのだろう?
ここでアルファ米を食べ、ベンチで少し横になりうとうとする。10分ぐらい寝たかもしれない。

ここから薬師岳(1051M、こっちの方が高かったね)、穂積神社と行く。穂積神社から東海自然歩道とはお別れだ。後半はともかく、前半は舗装道路ばかりで自然歩道とは程遠い内容だったが、いろんなコースをたどって遠くまで行けるのはなかなか楽しいものだ。他にもバイパスコースとかもあるので、静岡県内だけでもいずれ制覇したいものだ。

穂積神社からトレイルに入り、静岡と清水の境の尾根に出る。そこからひたすら南下。次の目標は高山だ。
高山に行く途中、展望が開け富士山が見事に見える場所があった。もうすぐ朝日が当たり、色づく富士を撮ろうとカメラをセットする人たちがいた。

高山には5時前には着いた。しばらく休み、先に進もうと思ったがなかなか道が見つからない。鉄塔の下に道があったのだが、あっちこっち探して少しロスをしてしまう。その間にすっかり日が昇っていた。
ここからのトレイルはしっかり整備されていて、元気なら気持ちよく走れるところだ。でも疲労も眠気もピークで、下りで小走りするのがやっとである。

市街地も近づき、農道も交わるようなとこまで下ってきたので、多くの人とすれ違うことになる。朝一でみんな元気いっぱいの表情なのがうらやましい。この頃にはほとんど走れなくなっていた。

Ca3i0329

6:39、一本松公園まで来る。
子供の頃にはなかったとこだが、清水に来るたび気になってたとこだ。見晴らしがよく、気持ちのいいとこだ。
この公園の脇から市街地に下ることにした。
最後の下り、ペースアップと行きたいとこだったが、ぼちぼち下るのがやっとだった。

市街地に出てからはなんだか走る気もしなくなってしまい、ただただ歩くだけ。

Ca3i0330

天気もよく、朝から富士山がきれいだ。

Ca3i0331

今回はゲルフジトレーナー、最後までしっかり足を守ってくれました。

Ca3i0332

7:51、23時間51分で実家に到着。よくやりました。
こんな一人旅は久しぶりだったので、非常に楽しい思い出になりました。

このあと4時間寝て、家族と合流。海岸でサスケと走ったり、公園で小僧とサッカーやったりとなかなかハードでした。





2014年5月 8日 (木)

東海自然歩道 その②

コンビニでの補給を済まし、その先のロードの長い上りを進む。
炎天下の中、かなりきつい道のりとなる。
集落、茶畑を抜けるとようやくトレイルに入る。暑いが木陰の中で快適である。

Ca3i0314

13:22、笑い仏に到着。ここから適度なアップダウンのトレイルが続く。

Ca3i0315

13:44、西向の吊り橋に到着。下の道路、昔仕事でよく通ったのを思い出す。

Ca3i0316

14:35、高根山に到着。展望はあったのかなぁ?あまり記憶がない。
ここから蔵田の集落に下るのがコースだが、その先の県道の通行止の情報があったので、ショートカットになるが芋穴所のマルカシルートを通ることにする。

Ca3i0318  Ca3i0319

14:47、マルカシに到着。なんか趣のある大木だった。ついでに自分も撮ってみる。かなりお疲れのようだね。

Ca3i0320

15:08、宇嶺の滝に到着?
下まで下りるのが面倒になり、滝の上方からパチリ。なんだかよくわからんね。
ここからしばらくはロードが続く。

Ca3i0321

16:14、清笹峠を通過。
ここから静岡市に入る。ついでにタヌキ君もお出迎え。
さあ、ここから下りが続くよ。

Ca3i0322

17:07、久能尾の集落に到着。
ここで炭酸をたらふく注入。おにぎりもほおばる。
ちょっと長めの休憩をし、元気を回復させてからスタートする。
次の集落までのトレイルの峠越え、距離はそれほどでもないが結構しんどく、ペースが上がらなくなってきた。

Ca3i0323

18:13、寺島下の吊り橋を通過。
寺島の集落、大山の上り口でヘッドライトを装着して、夜の準備をする。
ここから長い長い夜が始まる。
距離は半分を超えてるが、時間がまだ半分行ってない。
さてさてどうなることやら。

つづく

2014年5月 7日 (水)

東海自然歩道 その①

5月3日、よく晴れた暑い日だ。

Ca3i0306_2

7:25のバスに乗り、森町三倉まで行く。

Ca3i0307_2

8:00、三倉到着&スタート。ここから東海自然歩道の合流地点まで、ロードの上りを10数キロだ。
暑いし、上りだし、荷物は重いしでたらたらした走りだ。

Ca3i0308_2

9:40、平松峠に到着。ここから東海自然歩道に入る。

Ca3i0309_2

9:49、大日山金剛院の山門を通過。お寺の休憩所で小休止。
ここからトレイルや林道になるがそれもわずかで、途中からはロードの下りが続くのでした。

Ca3i0311_2

10:47、八垂の滝を通過。しばらく下り、家山の街に出る。

Ca3i0312_2

11:11、野守の池に到着。ここの公園で水分補給。

Ca3i0313_2

11:34、大井川を渡る。この先のコンビニで食事休憩。おにぎりとコーラを補給する。

この日はとにかく暑くて、水も恋しいが、それ以上にコーラを求める旅になった。

つづく

 

2014年5月 6日 (火)

東海自然歩道

3日から4日にかけ、東海自然歩道を通り実家まで行った。

森町の三倉までバスで行き、10数キロのロードを走り自然歩道に合流。

ひたすら東に向かい、静岡市の穂積神社まで進んだ。

そこから東海自然歩道と別れ、静岡市と旧清水市の市境を南下。

一本松公園から山を下り、大内から実家まで行き、無事到着。

23時間51分かかり、携帯のカウンターは3日95キロ、4日30キロを指していた。

予定内で到着したが、暗くなってからはへろへろ状態で、まだまだ身体はできていない。

詳細はまたいずれ・・・

« 2014年4月 | トップページ | 2014年10月 »