無料ブログはココログ

« やま?? | トップページ | 日本平 »

2013年4月29日 (月)

UTMF 2013

Ca3i0523

今年も行ってきました。
UTMF、富士山一周です。

26日午後3時スタート。去年と逆周りのコース。
左腰、股関節周りの違和感は結局消えずじまい。不安を抱えてのスタートだったが、レースの緊張感か、それほど気にせず走れた。

A1、A2と難なく進んだが、周りの人達からは「かなり速いペース」「予定より1時間も速い」なんて声が聞かれた。でもまあ、余裕はあるし、そのままのペースで先に進んだ。
しかし、竜ヶ岳を下り、麓のエイドに向かう平坦路で左足が重く感じてきた。

W1から天子山塊への登りはまだ余裕。でも長い下りで今度は左大腿内転筋が張ってきた。A3に着く頃には左足付け根が思うように動かなくなっていた。まだ36キロ、先が思いやられる。

W2までの送電線下の小刻みのアップダウンのコースですっかりペースが落ちてしまう。上りで右足が上げられない、くだりの衝撃が膝に堪える。
まだスタートして11時間弱。34時間以上時間はあるし、無理せず淡々と進めばゴールは出来ると覚悟を決める。

W2からは歩きがほとんどとなる。A4までのロードや林道15キロを2時間34分かける。キロ10分以上かかってる。ここで長丁場に備え一眠り。1時間半ぐらい寝ただろうか。もう外は明るくなっていた。

次のA5でドクターにテーピングを左膝にしてもらう。ブレが少なくなった分、痛みも多少和らぎ、安心感が出る。
27日、明るいうちにA7のすばしりまで行く予定が、11時半過ぎに到着できてしまった。この時点で28日、明るくなるまでにゴールすることを目標にする。とりあえずA8まで行き、そこで2時間ぐらい寝ようと予定する。

A8に到着すると誰かの呼ぶ声が聞こえる。おっ、ハリ天、ハリマネ夫婦だ。なんかうれしくテンションが上がりました。ハリマネさんと出会うのは3年以上ぶり、なんと念願のチビちゃん人形がゲットできました。ありがとうございます。

A8では1時間ちょっと寝て、明るいうちにスタート。A9までは難なく行けたが、杓子山までの岩場の上りですっかり体力が奪われる。A10までの下りが全く走れない。走れないので身体が温まらず、どんどん寒さが身にしみてくる。

最後のエイドA10でも少し横になり休む。そのうちうとうと30分寝てしまう。
さて、ゴールまでもうひとがんばりと起き上がろうとしたら、両足付け根が全く動かない、起き上がれない。冷えて、すっかり固まってしまった。
とりあえず、ダウンを着て、帽子に厚手の手袋と重装備になり、歩くのやっとの状態でスタートする。

アプローチのロードはのそのそ歩くだけ。林道に入りだんだん体が温まり、何とか足が上がるようになる。でもペースは上がらず、一歩一歩進むだけだ。何とか上り切り、ロードに出る。
残り12キロ、もしかして走れる?次のレースは決まってないし、しばらく走れなくてもいいか。
ここで今回初めて無理をする。
走る走る。
月夜が気持ちよく、ライト消して走る。街灯がない月夜のロードはライトはいらない。
夜の景色が楽しく、気持ちも上がってくる。
今回初めてのごぼう抜き。
途中からダート林道の下りだ。もう後戻りは出来ない、足は痛すぎるが走るだけだ。

きつかった下りも終わり、河口湖湖畔に出る。まだ足は動く、たいしたものだ。
結局、ゴールまで走りきることができて、無事フィニッシュ。

36時間42分58秒 262位?

去年より5時間遅くゴール。それなりに満足できる内容でした。
残り100キロ時点で思うように走れなくなったが、エイド間では全く休まず進んだことに満足。
以前なら絶対リタイヤしてたレース展開だったが、アクシデントに対処できる能力がついたのか、ただ歳をとってさらに楽観的になったのか?とにかく忍耐強くなった。

このレースはエイドまでのステージレースと捉え、エイドでしっかりリフレッシュしていけば、完走自体はそれほど難しいレースではない。
今回使った補給食は、スポーツようかん2個、パワージェル3つだけで、あとはすべてエイドで補給。エイド間が短いと胃がもたれるくらいだった。
補給食の軽量化はかなり出来るが、なんか耐久レースという感じがあまりしない。
エイドを減らした方が面白いが、各市町村に一ヶ所だから減らないかな。

さて、やはり最後走った代償は大きく、右足はテーピングかぶれと、膝下から足先までびっくりすほどむくんでいる。付け根が痛く、まともに歩けない。明らかに筋肉痛と違う。
明日、仕事休みになったら病院でも行ってみるか。

Ca3i0518
おまけ、どろんこサスケ(庭にて)






« やま?? | トップページ | 日本平 »

レース」カテゴリの記事

コメント

レポート、読ませていただきました。
壮絶だったんですね。。。
一度眠ってしまうとカラダは固まってしまうんですね。。前にハリ天から聞いたことがある、、、
そんな中、よくゴールまで辿り着かれました。素晴らしい!!!
また、耐久レースで(笑)お目にかかりましょうね☆
ゆっくり休まれて下さい!!

今回はアクシデントを楽しむ余裕があったので、壮絶にはまだ遠い感じですよ。

それより、「ヤロー」と言われ、
「なに?ヤロー??いい番号????」
とその感覚に呆気にとられました(笑)

久々に東京方面の山にも登りたいですね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1445802/51427701

この記事へのトラックバック一覧です: UTMF 2013:

« やま?? | トップページ | 日本平 »