無料ブログはココログ

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

夜間山行

金曜、仕事を終えてから、夜間山行に出る。
予定では20時間ぐらいを目標行動とするが、その辺は調子を考え流動的にするつもり。
コースは職場→R362で気田→赤岡、杉峰、シンフォニー(車道)→入手山→岩岳山→竜馬ヶ岳→高塚山→蕎麦粒山→山犬段→板取山→天水→沢口山→寸又峡のシャトル。調子がよければ20時間ぐらいで行けると思うが、仕事後の夜間ということで、最低でも山犬段までと考える。

金曜の17時過ぎスタート。荷物が重く、ぼちぼちのランだ。

Ca3i0458
金川橋から気田川の桜並木。もう桜吹雪である。以前はこのすぐ近くに住んでいた。本当にいいところだ。
ここから車道の上りが続く。杉峰の集落に着き、妻にメールをする。ここから先は圏外がほとんどだ。また無事に帰れることを祈る。
ペンションシンフォニーから山道に入る。200ルーメンのヘッドライトは快適だ。
入手山の手前の木俣山まで一気に上る。そこでシャツを一枚着て寒さに備える。気温はそれほど低くないが、風がそこそこ強く、体感気温を低くする。次は入手山を通過して岩岳山まで進む。20時前に到着。ワンセグで天気予報をチェック。霜注意報が出てる、冷え込みそうだ。

21時に岩岳を出発。この頃にはもう身体がかなり重く感じていた。とりあえず竜馬ヶ岳に着いたが、ここから高塚山まではファイティングルートが続く難所だ。夜通るのは初めてだし、少し不安がよぎり、「引き返すならここだ」という良からぬ声?も聞こえてくる。でもポイントはしっかり抑えてるし、まだまだ気力充分、進んでも大丈夫と判断。
竜馬からすぐの下り、いつもコースロストをするところ。慎重に慎重にコースを踏んだつもりが、いつもと同じコースロスト。いつもと同じなのでコース復帰もお手の物。自分で新しいコースを作りたいぐらいだ。
しばらく尾根コースだ分かりやすいが、高塚山頂に近づくにつれ、なだらかなとこが多くなり、踏み跡もあちこちにある。ここも経験で山頂方向が分かっているので、難なく山頂にたどり着く。
高塚の山頂は広い野原で、天気のいい日は気持ちのいいとこだが、23時ごろの風の強い中では長居は無用だ。すぐに蕎麦粒山を目指す。
この頃には、眠気もあり、体力的にも時間的にも寸又峡まで行くのは無理と決める。山犬段の山小屋で仮眠をして帰ることにする。
蕎麦粒まですぐなような気でいたが、スピードが上がらず1時間以上もかかる。0時を回ったぐらいに到着。後で食べるようにアルファ米に水を入れ出発。少し下って山犬段に到着だ。

山小屋に入ってすぐに寝る準備をする。寝るといっても、着込んでサバイバルシートに身を包めるだけだ。
しばらくは暖かいが、火照った身体が冷めるとあとは寒いだけである。30分ぐらい横になったとこで、先程のアルファ米を食べる。
何度も寒くて目が覚めるが、3時まで横になっていた。それから荷物をまとめ、すぐに出発。

風は止んでいたが気温は低い。動きづらいぐらい着込んでいたが、蕎麦粒山を登る頃には身体が温まり、上下とも1枚脱ぐ。
身体が温まると頭もすっきりしてきて、調子が出てくる。5時前に高塚山。下る時にまたコースロスト。京丸山方面に下りすぎた、東に戻ってから南下する。そのうちルートを発見、事なきを得る。
この頃には明るくなり、ライトをはずす。竜馬の全景が見える、やけに険しく見えてしまう。足取りは重いがまだまだ歩ける。竜馬の急登を上りながら、コースロスとした位置を確認する。おそらく以前もしたはずだ。次回は絶対しないと誓う。

Ca3i0459 Ca3i0460
6時過ぎ、竜馬ヶ岳到着。曇っていなければ富士山がよく見える場所。
富士山は見えなかったが、木々の間から先程いた高塚山がよく見える。

ここからは淡々と進む。

Ca3i0461
7時前に岩岳山到着。ここでまたワンセグで天気予報チェック。天気はよさそうだ。

Ca3i0462
7時半ごろ、入手山に到着。標高もだんだん下がり、だんだんと薄着になる。
シンフォニー手前の車道に出たとこで一服、大の字になり腰を伸ばす。
あと15キロぐらいのロード。下りが続くが歩きも入れながら走る。途中、自動販売機で炭酸を買って注入、最後の力を振り絞る。

10時半ごろ職場到着。スタートから17時間13分だ。仮眠も含めてだから、それほど長い時間の行動にはならなかったが、体調が体調だけに、それなりに満足できる行動ができた。

さあ、UTMFまで4週間を切ったが、だんだん完走できるイメージが整ってきた。
あとはとにかく体調を崩さないように気をつけ、もうひと絞りしたいものだ。










2013年3月24日 (日)

自分のこと、小僧とサスケ

すっかり暖かくなり、休日はなるべくトレーニングはせず、自分のこと(庭いじり等)、小僧とサスケの相手もすることを考えている。

夕べは11時過ぎに帰宅、寝たのは1時前。
それでも5時半前には起き、サスケと早朝散歩。7時ごろまでみっちり遊ぶ。

朝食前に野菜の収穫。
カブ、ミニニンジン、リーフサラダをバケツいっぱい収穫する。

朝食を取りながら小僧とテレビを楽しむ。
キョウリュウジャー、ウィザード、録画したトランスフォーマーと9時ごろまで見る。

それから新東名の浜松SAに行き、ドッグランでサスケを遊ばす。とにかく他の犬にちょっかい出して、やたら走り回るが好きなようだ。なぜか一匹だけ泥だらけになっているのがおかしい。
SAでそのまま昼食。暖かいのでみんなで外で食べる。犬連れが多いので、気兼ねしなくていいし、ちょっと高いけど、いろんなものが食べれるからSAでの食事は好きだ。

昼食後、サスケはまたひと運動。
その後緑化木センターに行き、枯れてしまったユーカリの代わりに植える木を探す。
常緑、落葉、花がきれい、紅葉がきれい、実がなる等々の条件を全く絞りきれずに買いにいったので、ただいろいろ歩き回るばかりでなかなか決められない。
結局枯れる可能性が高いが、ちょっとこの辺では珍しい「シラカバ」があったので、ダメ元で買ってしまう。
帰宅後、いつになく丁寧に植え、竹で支えもし、これで後はしっかり根付くのを祈るばかりだ。
妻と花壇の手入れなどしていると、今までやたら植えてみた木々がかなり大きく育っていたり、いろんな花が咲いてるのを見ると、きっとこの庭もかなり風景が変わっているのかなぁ、なんて感じた。
通りかかる人が、「ちょっといいな」って足を止めるような庭になってたらいいな。

さて、枯れてしまったユーカリは短く切って、小僧のおもちゃになりました。

Ca3i0456
ちゃんとヤスリをかけて、手触りは良くしてます。
ひとつは銃になっていて、小僧のお気に入りです。

Ca3i0457

サスケを狙い撃ち!!




夜トレ

昨日、仕事が終わってから少し走る。

職場からロードでスーパー林道まで上り下り。それからいつものトレイルに入り、秋葉山を上り下り。
距離はそれほどでもないが、5時間20分ほどかかった。

相変わらず左の腰、足の付け根が痛く、気持ちよく走れない。でも今日は右の方が痛い。バランス崩して走ってるようだ。

今回、ソックスをドライマックスにしてみた。分厚いが確かに蒸れる感はない。
でもサラサラしてる分、足とソックス、ソックスとシューズがよく滑る感じがした。
ゆっくり走る分には特に違和感はなかった。
おそらくUTMFに使用するでしょう。

今度の週末に少しハードにやって仕上げとしよう。

2013年3月14日 (木)

家族旅行

今回のレースは家族旅行も兼ねた。

長時間のドライブを避けるため、清水からフェリーに乗って土肥に向かう。

Ca3i0438

デッキに出ていても寒くなく気持ちよかったが、沖に出ると揺れが激しくなり、みんなすっかり船酔いしてしまう。

上陸してまずは堂ヶ島らんの里に行く。ここは犬同伴でも入れる施設で、小さいけどドッグランもあった。

5555
サスケも船酔いしたのか、食欲がなかったがとても元気。

午後になり、俺は受付に会場に、妻たちはホテルに向かう。今回泊まったホテルはここ、http://www.izu.co.jp/chikuma/index.html  犬OKのホテルです。
受付が終わりホテルに行ってみると、小僧はホテルのオーナーの子供と戦隊モノのビデオを見ていた。すっかり意気投合してるようだ。
夕方、みんなで海岸に行く。夏は海水浴場で賑わうようだが、今はシーズンオフのためかたくさんのゴミで溢れていて、ちょっと残念な思いだった。でもサスケはいっぱい穴を掘り楽しんでいた。

Ca3i0443_2 Ca3i0450

レースの日の午後は、ゴール近くの虹の郷で遊んでいたようだ。ここも犬OKの施設だ。

3333_2 11111

家族もいろいろ楽しめたが、今度はレース抜きでのんびりどこか行きたいね。










伊豆トレイルジャーニー

10日は伊豆で第一回伊豆トレイルジャーニーに参加した。

会場に入るまでドタバタした運営だったが、いざレースが始まるとトラブルもなく、ストレスなく無事終わり、スタッフやボランティアの皆さんに感謝したい大会でした。

レースの方は、もう結構忘れちゃったけど、とにかく左の腰から股関節周りの筋が痛く、最初から最後まで全く気持ちよく走れなかったレースでした。
右足首は相変わらず軽い捻挫状態のためテーピングをしたが、かばうためか序盤からふくらはぎがパンパンになった。

とにかく前半はのんびり無理しないよう心がける。
第2エイドの仁科峠までは様子を見る感じ。気持ちにはまだまだ余裕があったが、足は両方パンパンだった。でもそれほどペースを落とすことなく進めることができた。
60キロ付近からは右ひざが痛み出した。下りが気持ちよく走れない。

でもロードに出て、残り5キロはとにかく追い込んでみた。急な下りも攻める。ひざは痛いがゴールまで持ちそうだ。
そのままゴールまで突っ走り、9時間20分でゴール。10時間予想だったし、最後まで走れたから良しとしよう。

あれから4日経つが、ひざの痛みは取れてそれなりに走ることができる。
左の腰周りがどうにもならないが、今のとこ何とか走れる。どうしたらストレスなく走れるかいろいろ探ってみたい。

2013年3月 3日 (日)

暑い休日

今日は朝は1時間半ほどサスケと散歩。
朝食後、久々に畑仕事。
ジャガイモを十個ほど植え、まだ種イモがあるので植えるとこの土作り、ミニニンジンやレタス類の間引きや収穫に追肥をする。
ほとんどの畑はサスケに荒らされたので、囲いをして入れないようした。
おかげで人間も出入りしにくくなったがしょうがない。

畑仕事が一段落したら、地区の春まつりに出向く。
焼きそば、おでん、焼き芋、ホルモン、おしるこ、ポップコーン、わたがしがすべて無料。
子供から年寄りまで多くの人で賑わいます。
小僧は仲のいい同級生とずっと遊んでいた。
俺はお昼をそこで食べて、一旦家に帰り日向ぼっこ。
デッキの上で寝ていたが日差しが暑い。
あまりの暑さに半そでに短パンになる。サスケは日なたから家の中の日陰に避難していた。

Ca3i0432 Pap_0436 

デッキにおいてあった携帯電話の温度計が42℃になっていた。
そりゃ暑い筈だ。
1時間ほどでしっかりと日に焼けたようだ。
それから今度はサスケを連れ、またまつりにいく。
サスケは園児に大人気。常に5,6人に囲まれて、ちょっかいを出されていたよ。
祭りの最後は餅投げだ。俺はサスケを連れていたので、一番後ろの少し離れたとこにいた。
たまにしか飛んでこなかったが、そこそこ取ることができた。サスケも3つ口でゲットだ。やるね♪
妻と小僧もそこそこ取って、家族で合計32個、なかなかの収獲かな。

夕方、涼しくなってからまたサスケと散歩。
山の上にあるお寺まで行く。

Ca3i0434
撮影のためにおとなしく座っているじゃなくて、「ここで走り回りたいからちょっかい出してよ」、とアピールしてるとこです。
この後ここでめちゃくちゃに走るサスケでした。

身近で済ませた休日、でも来週は家族そろっていずにGO!もちろんサスケも一緒。
初めてのお泊り、大丈夫かな?

Ca3i0435








1週間前

いよいよ今年初レースが来週に迫った。
伊豆の70キロだが、トレイルはよく走っているが、長い距離、長い時間のトレはできていないので、最後まで気持ちよく走れるかはかなり疑問。
左腰から股関節、右足首に違和感があるし、4月のUTMFに備えてゆっくり時間を掛けて完走するのもいいかも。
でも性格上、すぐにムキになっちゃうんだろうな。

ここのとこ、土曜の夜に秋葉山周辺を数時間走り、日曜はサスケと散歩ランが中心だ。
今日も3回、十数キロ走ってる。
それなりのトレーニングになっているが、里山に行くのでサスケにダニがいっぱいついてる。
薬を塗っているので食い付くことはないようだが、家の中に落ちそうで心配だ。

さて週間予報で静岡の最高気温は21℃となっている。
寒さ対策より暑さ対策の方が大事になりそうな予感だ。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »