無料ブログはココログ

« TTRその① | トップページ | TTRその③ »

2008年5月 6日 (火)

TTRその②

18:00(12:00) 鴨沢グランド出発

去年はここの上り下りで完全に撃沈。でも今年は軽々いける。時間が早く、まだ明るいのも幸いだ。仏舎利殿からの下りの途中から、ところどころライトが必要になる。金風呂に着き、カロリーの高そうなコーヒーを買い、一気飲み。コーラも仕入れ、ザックに忍ばせる。いざという時に飲むために。玉川キャンプ場は家族客でいっぱいだ。変な目で見られてると思うが急ぎ足で駆け上がる。ムロクボ尾根までは一気に登る。尾根に出て一息入れ、三頭山を目指す。最後の直登してると、上の方に明かりが見える。他にもランナーがいる?頂上に出てみると、学生らしき団体がテントを張っていた。ここで初めて会話らしい会話をした。みんなにびっくりされながらも励まされ、三頭山を後にする。

20:55(14:55) 三頭山山頂

ここから下りが多くなる。先はまだ長い、怪我だけしないように慎重に進む。ここからのコースは去年1回試走しただけで、今ひとつ感じがつかめない。浅間峠まで一気に行けるかと思ったが意外に長く、何度か休みを入れる。似たようなアップダウンをいくつか越え、ようやく浅間峠に着く。

23:23(17:23) 浅間峠  このタイムは不確か。記憶が曖昧だ。

東屋でシューズを脱ぎ、横になりリラックス。ようやく疲れが感じるようになる。少し休んでから出発。去年の試走では巻かずに山頂を登ったが、今回は巻けるとこは巻いていく。醍醐丸は通り、和田峠に。ちょっと休みたかったが、何人かたむろしてたので通過。階段で陣馬山へ。夜にしか見た事のない白馬は異様にしか思えない。昼間はいい場所なんだろうなぁと想像しながら通過する。

01:50(19:50) 陣馬山  ここも記憶が定かではない。

この辺は暗いこともあり、あまり印象に残ってない。でもさすがに疲労は出てきており、ペースの上がらない走りだったと思う。午前3時過ぎに城山に着いた。この先、距離はそこそこだが辺にアップダウンがきつい。24時間以内は無理か、25時間ならどうだろう?とにかく腹ごしらえをしてスタート。大垂水を越え、ギアを入替えペースを上げる。しばらくしてライトも要らなくなる。しかし、なかなか三沢峠に着かず気が焦る。途中、巻き道だと思って行ったとこが、神奈川県側に降りる作業道だった。斜め上方に尾根が見えたので直登、復帰する。5~10分ぐらいのロスか?ペースを上げるのが早過ぎたか、草戸山手前の階段地獄で足にダメージが。右足首と右ひざ裏に痛みが出る。またまたペースはダウンする。

05:55(23:55) 草戸山

去年、試走してとんでもない目に合ったはずなのに、もうわずかと思い意気上がるが、いじめのようなアップダウンに完全にダウン。もう時間は関係ない。走れるとこはとにかく走って、ゴールまでがんばる。後は気力だけ。とにかく自分を励ましながら進む。

06:46(24:46) 金毘羅神社

ようやくここまで来た。軽く拝み、裏手から階段を壊さないように下る。道路に出て一息。あとは陵南公園まで一気だ。公園内の直線、去年は複雑な気持ちで立っていた。今年は見守る人はいないが、嬉しい気持ちでいっぱいだ。こんな気持ちになったのはいつ以来だろう?妙に笑顔だったかもしれない。

07:14(25:14) 陵南公園 ゴール

結果、25時間越えだったが、一人で無事ゴールできたので非常に満足だ。24時間切りは来年以降の宿題にしたい。あと、こんなバカなことを許してくれた妻にも感謝だ。ありがとう。

装備等、記録してみたのでそれはまた明日以降に。

明日から仕事だが、数十キロの荷を背負い、一日中、道のない斜面を歩かなければならない。こっちの方が辛いかも・・・

« TTRその① | トップページ | TTRその③ »

ヤマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1445802/38263651

この記事へのトラックバック一覧です: TTRその②:

« TTRその① | トップページ | TTRその③ »